2019年1月1日のMu69最接近を目指しニューホライズンズの旅は続く

【お詫び】サーバーの都合により、冥王星についての記事は表示できない状態です。

新たに、冥王星とカロンを始めとする冥王星の衛星と新たな目標であるカイパーベルトの2014 Mu69について掲載を始めます。

Spend Next New Year’s Eve with New Horizons

Artist’s impression of NASA’s New Horizons spacecraft encountering 2014 MU69, a Kuiper Belt object that orbits one billion miles (1.6 billion kilometers) beyond Pluto, on Jan. 1, 2019.
Credits: NASA/JHUAPL/SwRI/Steve Gribben

NASAの探査機ニューホライズンズが2019年1月1日に最接近するカイパーベルトの天体「2014 MU69」は、冥王星から10億マイル(16億Km)の距離にあります。

New Horizons team members discuss the Kuiper Belt Extended Mission during a media briefing at the American Geophysical Union Fall Meeting on Dec. 12 in New Orleans.
Credits: NASA/JHUAPL/SwRI

ニューホライズンズのチームメンバーは、ニューオリンズで12月12日に行われた米地球物理学連合秋季大会でカイパーベルトの探査計画について記者会見で説明します。

冥王星の探査結果と次の目標について

2017 Fall Meeting – P13F: Pluto and Charon in the Rear View

プレゼンの動画です。(全体で2時間あります)

詳細及び日本語訳は後日掲載します。

American Geophysical Union (AGU) P13F:
Pluto and Charon in the Rear View, MU69 Dead Ahead off the Starboard Bow II
Monday, 11 December 2017 13:40 – 15:40

S Alan Stern, Southwest Research Institute Boulder, Dept Space Studies
Leslie Ann Young, Southwest Research Institute Boulder
Catherine Olkin, Southwest Research Institute Boulder
Christopher R Glein, Southwest Research Institute
Kelsi N Singer, Southwest Research Institute Boulder
Harold A Weaver Jr, Johns Hopkins University Applied Physics Laboratory
Simon Porter, Southwest Research Institute Marc W Buie, Southwest Research Institute Boulder
Jeffrey M Moore, NASA Ames Research Center